日頃の対策で夏バテしない夏を過ごそう

健康

日頃の対策で夏バテしない夏を過ごそう
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

夏バテ対策をして夏を乗り切るためのエッセンスまとめ

夏バテとは?

「からだがだるい」「疲れがとれない」「食欲がない」などの体調不良が起こっている状態をさします。

夏バテの原因は何?

・自律神経の乱れ
室内外の温度差が原因となって起こります。人間の体は急激な温度の変化に対応できないので、温度差を繰り返し体感すると自立神経の乱れに繋がります。
自律神経の乱れにより内臓が疲れやすくなりますし、倦怠感や食欲不振を招きます。

・発汗機能の異常と脱水症状
高温多湿の環境にいると汗が出ようとしても、蒸発しないので汗腺に汗が留まりスムーズに発汗できない状況ができてしまいます。そうなると発汗による体温調節が上手くできなくなってしまいます。
また長時間高温の場にいると発汗によって体内の水分が失われ、体が正常に機能しなくなることも起こります。

・睡眠不足
熱帯夜でなかなか寝付けず、眠りが浅くなったり眠れなくなったりすることで睡眠不足となります。睡眠時間が減ると体力の回復が正常に行われずに疲労が溜まる状態になります。

夏バテになるとどうなるの?

夏バテになると上記の症状が出て仕事のパフォーマンスが落ちるデメリットがあります。
また、症状に加えて免疫力の低下が夏風邪に繋がるリスクもあり注意が必要です。
さらに上記の症状が悪化することで持病が悪化することも考えられ、体調が悪い方は夏バテ対策が必要となります。

夏バテ対策は?

エアコンの温度を調整することで室内外の温度差をなるべく5℃以下に抑える工夫をしましょう。
エアコンの風が直接当たる場合は体が冷えやすいので何かを羽織って対策することも必要です。

夏バテになっている人は内臓が疲れていることが多いので腹八分目を特に意識しましょう。よく噛んで食べることも重要です。
また食事に関しては不足しやすいタンパク質やビタミン、ミネラルは意識して摂るようにしましょう。豚肉、ウナギ、豆類、ねぎ、にんにく等は疲労回復に効果が認められている高栄養価の食品です。これらの食品に限らず、夏バテになる前に栄養価を意識して食べるようにしましょう。
そして日中はこまめな水分補給で水分不足にならないように留意しましょう。

運動も軽度のものなら推奨されています。ずっと冷房化にいると発汗機能が低下するので、熱中症にならないように気を付けながら軽く汗をかく程度の運動も生活に取り入れましょう。

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!